四十肩と五十肩の違い

四十肩と五十肩の違い

四十肩と五十肩の違い

肩こりの悪化したような状態を、四十肩や五十肩と言います。どちらかというと、五十肩の方が聞きなれているかもしれません。

 

これらの違いは、「年齢」です。どちらも「肩関節周囲炎」という症状で、40代の肩関節周囲炎を四十肩、50代の肩関節周囲炎を五十肩と呼びます。つまりは年齢だけが違いということです。

 

五十肩の方が知名度が高い理由は、高齢によって肩関節周囲炎を起こしやすいからです。40代に比べても50代は老化が進んでいるため、回復力も低く五十肩の症状が強く感じるとされています。50代になったら発症する確率は高くなるため、五十肩はよくあるトラブルです。

 

ところが、最近では40代の人でも肩関節周囲炎になる方が増えています。デスクワークや姿勢の悪さなどが起因し、肩関節が硬くなり炎症を起こしているため、激しい痛みや鈍痛が起こります。

 

四十肩と五十肩の違い

 

五十肩と症状は同じですが、40代の場合はまだ若いので、別の起因があるのかもしれません。老化以外に病気の疑いも捨てきれないので注意した方がよいでしょう。