四十肩の診察・治療について

四十肩の診察・治療について

四十肩の診察・治療について

四十肩の症状が出たときには、まずは病院で診てもらいましょう。

 

もしかすると別の病気が潜んでいたり、神経痛の疑いもあります。ですから、病名をハッキリとさせるためにも、まずは専門医の診察が必要になります。四十肩の場合は病名でいうと「肩関節周囲炎」と言います。

 

主に、整形外科が専門となります。レントゲン検査や問診などによって病気について診察を行います。また、整形外科以外の専門の病気の疑いも捨てきれないため、総合病院で症状を伝えて受診する方法もあります。

 

これで病名がハッキリすると、治療法もいくつか出てきます。その後は、整形外科以外にも、整体や整骨院、カイロプラクティックなどで治療を行うこともできます。整形外科での治療の場合は、ステロイド注射や消炎鎮痛作用のある薬物療法(内服薬・外用薬)が主な治療法です。整骨院なら電気治療や温熱療法などがメインになります。

 

四十肩の診察・治療について

 

整体やカイロプラクティックでは、主に歪んだ状態を矯正することによって、四十肩を改善していく方法をとります。

 

このように、専門の病院などで治療を受けることもできますが、自分自身でストレッチや体操、姿勢を正すなどのケア、医薬品の服用などで今ある症状を抑えることは可能です。

 

治療を受ける場合でも、生活習慣を見直してみましょう。