四十肩「回復期」の対処法

四十肩「回復期」の対処法

四十肩「回復期」の対処法

四十肩のサイクルのひとつ、「回復期」についてご説明します。

 

炎症期、慢性期に次いで、回復期に入ります。回復期は文字通り、四十肩が治り始めている時期なのでとても重要です。炎症期や慢性期のように、炎症を起こしていることもなく、強い痛みもありません。

 

ところが、炎症を起こしている時期などに安静にしていた分のつけが回ってきている状態です。安静にしていたからこそ、肩が動かしづらくなっている状態です。

 

ですから、回復期には適切な体操やストレッチを行うことによって、だいぶ四十肩の状態も楽になり、治っていきます。

 

四十肩「回復期」の対処法

 

ただし、ムリな運動は禁物です。肩の関節を激しく動かすような運動をすると逆に痛みが出てしまいます。適度に動かして、順調に回復していくようにしましょう。

 

このときも、薬を服用するのは効果的な対処法です。関節を構成するために欠かせないコンドロイチンなどの軟骨成分や、筋肉疲労を和らげる成分を取り入れることで、より効果的に四十肩を治していくことができます。