四十肩「慢性期」の対処法

四十肩「慢性期」の対処法

四十肩「慢性期」の対処法

四十肩には3つのサイクルがあり、中でも初期の炎症期が痛みが激しい時期です。が、そこを過ぎて慢性期に突入した場合も、痛みの症状はなくなりません。

 

炎症はなくなるため激しい痛みは治まりますが、鈍痛に変化するだけで痛み自体は残ります。とくに肩を動かそうとしたときに、強い痛みを感じます。たとえば、高い所にあるものを取ろうとしたとき、肩を回そうとしたときなどに痛みがあらわれます。

 

炎症期の場合は炎症を鎮めることが最優先事項になるため、安静にし冷やした方が痛みを抑えられるのですが、慢性期はその反対です。冷やすよりも温めた方が、痛みが引いていきます。

 

慢性期には、適度に体操やストレッチを行ってください。

 

四十肩「慢性期」の対処法

 

肩を軽くまわすようなストレッチを繰り返し行うことによって温まり、血流が改善されて痛みも緩和されていきます。もしも痛みを感じ、動かさずに安静にしてしまうと、逆に腕が上がりにくくなることもあるので気を付けてください。入浴や温湿布などで温めるのも効果的です。

 

また、身体の内側からのケアとしては、関節をスムーズに動かすための軟骨構成成分がオススメです。
コンドロイチンなどの成分や、筋肉弛緩剤といった類の薬物療法によって緩和されます。

 

まとめると、慢性期には、肩を温めて適度に動かすことと、コンドロイチンを補うことが効果的です。